ピーリングを行いすぎるという

ピーリングは「はがす」「皮をむく」という意味です。

野暮ったい角質を省き、委任を正常にする角質取り扱いの一種で、透明感のある、目新しい表皮に導いて下さるオペだ。
ピーリングには主に3カテゴリーあります。
・ケミカルピーリング・・・薬剤でお表皮を柔らかくして、角質を作る
・レーザーピーリング・・・レーザーを(ランプ)を照射し、古臭い角質などを除去する
・スクラバーピーリング・・・1秒に28,000回の超音波揺れで角質などを除去する

ピーリングは、どっさり行えば有難いというわけではありません。お表皮の次元は28日光だ。その中で、古めかしい角質が止まり、除去できず、くすみざらつきなどが溜まっている時にピーリングを行ない、委任を正常化するためのものですから、ピーリングを行いすぎるという、逆に必要な角質まで除去してしまい、お表皮のトラブルになることもあります。

できれば、エステなどで対話をし、お肌の状態をよく知ってから、また人によって肌質もちがいますので、どのピーリングが自分に合うのかを確認して、行う事をお求めする。
ミュゼ横浜はここ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です